バーベキューの思い出

子供の頃、海外のドラマかアニメでバーベキューをする光景を見て、強い憧れをもったことを今でも覚えています。長い串に肉や色鮮やかな野菜を並べて刺して炭火で焼く光景は、地味な和食ばかり食べていた私にとって、とてもおいしそうに見えたのです。その後成長して、一人暮らしを始めてからは、少し外が暖かくなると、友人たちと集まってバーベキューを楽しむようになりました。

昔テレビで見た長い串で焼くバーベキューはしたことがありませんが、炭に火をつけ、必死にみんなで吹いたり扇いだりして火を広げた後、大きな網で豪快に肉を並べ一気に焼いていく、そんなバーベキューです。

街コンの情報サイトです。

一応野菜も食べようと、人参やピーマンも並べてはいるのですが、気がつくと隅で真っ黒になっていたりします。

バーベキュー用品のレンタルについての知識を高めてもらうためのサイトです。

それを誰が食べるか言い合いながら、さらに肉を追加して焼く、そんな光景の中に参加している自分が、楽しくてなりません。

郊外でバーベキューをするときは、肉は現地に行く途中で買うとして、他のことは各自分担で用意して向かいます。

親子のイベントの情報を求める人におすすめです。

野菜をすぐ焼けるように切って来る人や、大量のおにぎりを用意して来る人、そしてお酒や果物を用意して来る人もいます。
バーベキューは肉だけ食べるものではありません。
網の隅で焼きおにぎりをしようとこっそり置いておけば、必ずといっていいほど誰かに食べられてしまいます。


また、鉄板を用意して焼きそばを作ってもおいしいです。

東京と写真が話題になっています。

一度ダムのそばでバーベキューを楽しんでいたとき、途中で通り雨に遭いました。

一応小さいテントを用意していたので、火が消えることはありませんでしたが、参加者は全員テントの外で、濡れながらも誰も箸を止める人はいませんでした。不思議なもので、外でみんなで食べていると、普段なら大惨事と言っていいほどのレベルのことが起こってもあまり気にならないものです。

楽しいバーベキューも、他の人にとってはうるさい集団に見えることもあります。

バーベキューのコンロの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

周囲の迷惑にならないように、最後はきちんと後片付けをして帰りましょう。

http://www.amazon.co.jp/DRETEC-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF-DF-701WT-%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88/dp/B0047606CK
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E5%8B%95%E7%89%A9
http://www.jimyouin.or.jp/